一般的に任意保険という保険は強制保険になっている自賠責保険とは違い、自賠責保険だけでは補うことが難しい補償が可能になる大事な保険です。これは任意保険の考え方は自賠責保険の上級保険という役割で有用なものですので自賠責保険で補える支払いの限界を上回った際に登場します。さらに自賠責保険には物的損害については補償を受けることができないので、物に対する損害をカバーする場合は任意保険に入っておくことが望ましいです。現時点で任意保険を納付済みの愛車を買い取ってもらう場合は、国産車でもドイツ車ということは関係なく、残存金額が返ってきます。日本の自動車を廃車にする場合も同じことが言えます。自賠責保険は、通常かけたままにしておくのが通例になっていますが任意保険というのは誰もがかける保険ではありませんのでキャンセルをすることになります。それから任意保険をキャンセル後は現時点で 支払い済みの残存金額が返ってくるということになります。クルマの売買が決定したとしてもすぐさま保険を解除するという選択肢はリスクが高いです。当然即解約すればその分戻ってくる保険料は増えますが、もし自動車店舗が遠方にあって、自ら運転していくことになった際は任意保険に加入していない状態で自動車の運転をしなければなりません。もしもの時を考えて、必ずこの先自分で自動車の運転をしないという状況になる時まで任意保険の契約の解除はすることのないようにしなければなりません。所有車を売り、またすぐに違う車を購入するケースならば問題ないのですが、仮に長い間運転をしないような状態が続いて任意保険に加入している意味がなくなってしまったらこのように任意保険に加入していない時間が存在する場合、以前に入っていた時の任意保険の等級が下がるため保険料の金額が増額されることがあります。こういった時では「中断証明書」という書類を出してもらうようにしなくてはいけません。この「中断証明書」があることで10年まで遡って契約解除前の任意保険の等級を継続することが可能です。さらに13ヶ月以内であれば出してもらうことが可能ですので仮に現在車を売られていて「中断証明書」というものを提示してもらっていないのでしたら、保険の提供元や保険代理店に中断証明書を発行していないことを伝えるようにしましょう。もしも自分が他の自動車を購入してそれから以前持っていたクルマを廃車に出すのでしたら、任意保険の契約は片方のみの契約です。変更という対応になるため運転をする予定の自動車でしたら処分まで注意が必要です。また任意保険の保険料は車種によって保険料が相当違ってくるので、買取の際は任意保険を見直す良い機会と考えられます。