借り入れの支払い内容というものは、金融機関の経営方針如何で随分違いというものがあり、多様な方式が選択されています。山口孝志

基本的なところでは残高スライド法やリボ払い方式などが選択されているみたいです。山口孝志

こんな多くの人が知っているリボ払ですけれども実際のところ算出方法には様々な様式があるのです。

またその方法により引き落し総額が異なってしまうわけですので、把握しておいて損することはないと思います。

それでは理解しやすくそれぞれの形式のずれについてを解説します。

ひとつは元金均等払いというもので二つめは元利均等払いです。

両者はそう呼ばれているように元金を均等に払っていくのと、元金と利息をあわせて均等に払っていくという形式になります。

今回は仮に10万円をカードローンをしたと仮定しどういう計算をしていくのかやってみます。

金利に関しては双方とも15%と設定して算定します。

リボルディング払などの返済を1万円と仮定し考えます。

まず元金均等払いからです。

かような時の初回の引き落しは1万円に対して金利分の1250円を合計した返済額となります。

次回の支払いに関しては1万円へ利子1125円を合計した返済になります。

こういったようにして全部で10回にて支払を終えるという方法となります。

一方元利均等払いというのは最初の返済に関しては1万円ですがそこから元金に8750円金利へ1250円というように分配します。

次回の返済については元本が8750円減った状態にて利息を勘定し、1万円をまた分配するのです。

詰まるところ、元利均等払いの場合では10回で返済が完済しないという算出になります。

たったこれだけのギャップで双方がどれほど相違しているのかということがたっぷり分かって頂けたことと思います。

元利均等というのは元金均等と比肩し、もと金が縮小するのが緩やかと言うデメリットがあるのです。

換言すれば利息というものを余分に支払うというような状態になったりするのです。

一方では1回の返済が小さな金額で済むというメリットもあるのです。

かくのごとき支払方式に関しての相違により支払金額というのは違ってきますのでご自分の嗜好に合致した計画を採用するようにしてみてください。