クレジットカードを持っていると毎月、ご利用明細が送付されます。

それらの利用代金明細内容にはどのショッピングセンターで何月何日に何にカード決済でどれだけ利用したのかに関する細かな内容が記載されているため、使用した購入履歴を確認するためにきわめてたやすく実用的でもあります。

全く取って替えるにはある意味不便のではないかと思いますが、まとめやすいカード利用の成績表のような感じに見立てることも難しくないので、お金の管理の助けにもなると思います。

且つこのクレカ利用代金明細送付されてから一般的に数週間で決済金額の支払いが行われるわけです。

だから届いたクレジットカード明細書をよく注意していて、おかしな支払い、一例として頼んでもいないサービスが記載されていればコールセンターに電話をかけて聞けば良いことが多いでしょう。

もし偽造による不正利用などのあなた以外による決済が分かった場合でもクレジットカードカードの名義者に責任がないならば、大抵の問題はクレジットカード会社がその疑わしい決済を免除してくれます。

今ではこれらの利用代金明細をネットで見られる会社が普通になっています。

自分がどこでどんな商品を利用したか把握するようにして第三者利用を未然に防ぐだけでなく収支記録ともなり金銭管理等もできてしまいます(パソコン画面でユーザーの履歴を見ることが可能なところはさかのぼって取得ポイントや決済可能残高等も確認OK)。

クレジットカードはカード利用以外の視点からもとても貴重なツールだと言えます。